アマゾンのストレージサービス「Amazon S3」を知る。

Amazon web services.Macの10GBをなんとかiPhotoバックアップにしようと考えている中、米アマゾンがストレージサービスをしていることをWEBで知りました!
その名もAmazon S3(Amazon Simple Storage Service)。

米Amazon、容量無制限・高速スケーラブルなストレージのWebサービス
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/15/11249.html

2006年3月のニュースとは(–; 知っていたら「.Mac」も契約していたかどうか・・。


この「Amazon S3」の利点と欠点は下記ページに分かりやすく書かれてありました。
Amazon S3 をバックアップストレージとして利用する
http://www.misuzilla.org/%7Emayuki/misc/AmazonS3#l9

利点

  • 単価がとにかく安い(1か月あたりの料金:転送量が$0.20/GB、データ領域が$0.15/GB)
  • Amazonインフラなので信頼性がある

欠点

  • APIでの提供なので何らかのツールが必要となる
  • そんなに速くない
  • ちょこちょこ使うストレージとしてみると使いづらい
  • ファイル操作は基本GET/PUT/DELETEしか用意されていない
    移動・名前変更を行おうとするとGET→名前を変えてPUT→DELETEとなるのでムダがある(時間的にも金銭的にも)

「そんなに速くない」ってことは遅くは無いのかな?ちなみに、このサービスを使うには基本的にAPI経由なため、インターフェイスがありません。
しかしうまい具合に、私も常用しているMac用FTPソフト、「Transmit 3」が最新バージョンでAmazon S3 に対応してるとなっ!

AmazonS3をFTPクライアントで使ってしまうという手があったか!:[mi]みたいもん!
http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/amazons3transmi.html

また、ちゃんとブラウザから利用できるfilicio.usというサービスもありますね。こちらならWindowsでもどこでも利用できます。

Amazon S3を使い込むfilicio.usがちょうどいいストレージサービスかと思われます。
http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/amazon_s3filici_e332.html

で、すばらしいのが!これはS3がすばらしいのかどうかわからんのですがUPLOADが早い。特に専用ツール使ってないのに、この体感はけっこういい感じです。

上記のコメントがすごく気になります!「filicio.us」経由だと早くなるんでしょうかね?

ついでなので・・海外サーバにも魅力的なところがあり、PHPのテクメモさんがいろいろチャレンジされています。

PHPのテクメモ | 海外サーバ
http://php.atseason.com/?cid=21489

www.3ix.org
http://www.3ix.org/

10GBで月額$3、なんと50GBで月額$5。コストパフォーマンスはバッチリ!日本からのFTPは少し遅いようです。

・・というわけで、色々な方法のストレージサービスでした。
さぁ、iPhotoライブラリのバックアップ、どうする??

コメントを残す