捨印って押さない方が良いかも。

記事を見て、ちょっと驚きました! 契約書や申込書などにある「捨印」・・なんとなく、そして当たり前のように押していましたが、その捨印の意味はというと・・ Wikipediaより・・ 「あらかじめ押す訂正印であり、以後の訂正を認める意思表示である、と解釈される。」 「本来は、微細な誤記、あるいは明らかな誤字脱字程度の訂正を認める趣旨で押されるものだが、訂正の範囲や限度は限定されていない。」 ・・ん?「訂正の範囲や限度は限定されていない」だって?? これじゃ、捺印した後の変更が自由ってことじゃないかっ! 要するに「文書の記載内容を修正する全権を相手に渡すようなもの(Wikipediaより)」なのだ。 この意味を知ったら、自分も含めほとんどの人は押したくないと思うんじゃないかなぁ。(押す義務も無いそうだ。) こちらの対策としては、

  1. 捨印は押さない。(委任状は絶対押さない。)
  2. 押した場合、コピーをしておいて、後の変更点を明確にできるようにしておく。
のが良いそうだ。 日本は性善説にたった習慣や取り決めが多いですが、これもそのひとつですよね。 ちゃんと書類を作り、間違えずに記入すれば「捨印」は必要無いものなので、なくなって欲しいなぁ・・ 参考リンク ■ネタフル:「捨印」の意味を知っていますか?捨印 – Wikipedia ちなみに「捨印」をカタカナにすると「ステイン」・・歯の着色汚れですね。 National ステインクリーナー シルバー調 EW1300P-S 価格: ¥ 4,050 (税込) * メーカー型番: EW1300P-S * 電源: DC1.5V(単3形アルカリ乾電池1個 別売) * 使用時間: 連続約60分(単3形アルカリ乾電池1個) * サイズ: 高さ10.9×幅2.8×奥行4.2(cm) * 重量: 約100g(電池含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です