レンタルサーバで自前のPEARを使う時

PHPの便利なライブラリ「PEAR」やテンプレートエンジン「Smarty」は、レンタルサーバではインストールされていたりされていなかったり、しかもバージョンも様々・・。
だったら、自前で最新版をアップしてそっちを使えれば、サーバの引越しにも安心だよね。

「Smarty」の場合は、自ディレクトリのどっかにアップして、下記のように記述すればOK!

require_once ‘(アップしたディレクトリのパス)/Smarty.class.php’;

「PEAR」の場合、「Smarty」と同じようにしても、いろんなライブラリでサーバで設定したパスの方を見に行ってしまうので、こりゃ元の部分(include_path)を教えてあげないといけない。Smartyの場合と同様、自ディレクトリのどっかにアップして、下記のように記述したら動いたよ!

ini_set(“include_path”, “(アップしたディレクトリのパス)/PEAR” . PATH_SEPARATOR . ini_get(“include_path”) );

1 comment

  1. ピンバック: レンタルサーバでPEARを使う | 5×2.info

コメントを残す